? 車のバキュームセンサーの故障の判断とは?

車の異常トラブル発見器

サイトTOP > バキュームセンサーの故障の判断とは?

バキュームセンサーとは?


広告


バキュームセンサーというのは
インジェクション仕様のDタイプを
使用しているエンジンに採用されています。





インテークマニホールドの圧力を検知する
状態で取り付けられています。


シリコンの結晶に圧力を加えると
電気抵抗が変化するピエゾ抵抗効果を
利用することで圧力を電子信号としています。

バキュームセンサーが故障するとどうなる?

インテークマニホールドの圧力信号は
圧力が真空になるほど低くなります。


また、逆に圧力が大気圧になるにつれて
高くなっていきます。


この特性を利用することで
エンジンに入る空気の量を測定して


その情報をエンジンコンピュータに送っています。


トラブルが発生するとエンジン回転全域で
不調症状が発生します。



アイドリング状態は「ガタガタ」って感じで
エンジン自体ふるえている感じで動作します。


バキュームセンサーが不調でも
フェイルセーフモードに入って始動はできる車種もあります。