? ダイアグノーシスで簡単にセンサーの異常を発見できる

車の異常トラブル発見器

サイトTOP > ダイアグノーシスで簡単にセンサーの異常を発見できる

ダイアグノーシスを利用する

ダイアグノーシスはセンサー系列の異常を
発見する診断方法です。



ダイアグノーシスは作業しやすいように
エンジンの見える位置にある車種が多いです。


センサー系列は見た目では判断しにくいので
ダイアグノーシスで診断します。


ダイアグノーシスはエンジンチェックランプの
点滅のパターンで割り出します。


その点滅パターンで、どこが故障しているかが
理解できますが、車種によっては


専用のテスターを利用す場合もあります。

エンジンからする異音の原因


整備士にもよりますがダイアグノーシスを
万能だと勘違いしている人がいます。


そういった整備士が担当してしまうと
機械的なトラブルを見落とされてしまいます。


大抵は、プラグを確認するのが、当然の方法でしたが
コンピューターが発達するにつれて


コンピューター診断だけで他は
何も見ないところもあるので注意が必要となります


広告


スポンサードリンク
RSS