? エアフロセンサーが故障すると?

車の異常トラブル発見器

サイトTOP > エアフロセンサーが故障すると?

いきなり愛車が故障しても落ち着くことが大事


エアフロセンサーとは
エアフロメーターとも呼ばれ

コンピューターコントロール
インジェクション仕様のエンジンで
Lタイプで用いられています。


インジェクション仕様のエンジンの
初期型には、ベーンタイプを


採用したエンジンも結構ありましたが
最近では、ホットワイヤータイプを使用したエンジンが増えてきています。


エアフロセンサーの役目は、簡単にいえば
エンジンに吸入される空気の量を計測する装置です。


アクセルペダルと連動しているスロットルの開き具合により
エアクリーナーから吸入される空気量を電気信号に変えて
エンジンのコンピュータに情報が送られ燃料を噴射する量を決定しています。


エアフロセンサーが故障するとどうなる?

エアフロセンサーが故障すると、空燃費のズレが発生して
アイドリング不調やエンジンの息つきなどが症状としてでます。


加速なども悪くなりますが、この場合は、プラグなどや
そのほかの原因も考えられます。


エアフロの洗浄は、エンジンが
あったまった時に行うのが安全です。


広告