? ノックセンサーが故障した場合の症状と交換方法

車の異常トラブル発見器

サイトTOP > ノックセンサーが故障した場合の症状と交換方法

ノックセンサーとは?

ノックセンサーとは、走行中に発生する
エンジンのノッキングを防止する機能があります。


ノッキングが発生しやすい状態というと
アクセルを急激にふ化した場合などです。


ノッキングの原因にはいくつかあります。

・燃料の不良

・点火タイミングが早い

・プラグの不良

・燃料室にカーボンが蓄積している

・混合気が薄い


などがあげられます。


こういった症状のばあいは
センサーが異常と判断して点火時期を遅らせます。

エンジンから「カラカラ」と音がする場合は

エンジンから「カラカラ」と音がすると
大抵は、ノッキングと考えられます。


中には、ほき類などが、ほかに
接触しているだけという場合もあります。


ノッキングの多くは、ハイオクを
入れると症状が治まります。


気になる場合は、ガソリンを
変えるというのも一つの手ではないでしょうか。


混合機などが薄くなるのは
エンジンをチューニングした場合に限ります。


ノーマルエンジンでは薄くなることはありません。

ノックセンサーの交換方法

ノックセンサーは、シリンダーブロックの
側面にねじ込んでいるタイプがあります。


V型6気筒エンジンではシリンダーの
Vバンクの中央に装着され散る場合があります。


どの位置であっても、センサー周辺には
いろんな部品があり先に取り外すという作業があります。


そうしないと、センサーにレンチすら
かけることができない状態になっていることが多いです。


しかし、ノックセンサーは普通のレンチで
被いこむには少し背が低いため


奥が深いディープソケットで外すほうがいいでしょう。


広告