? アイドリング不調の代表的な原因

車の異常トラブル発見器

サイトTOP > アイドリング不調の代表的な原因

アイドリング不調の原因はプラグコード?

プラグコードがリークしている場合は
アイドリングが安定しません。


リークというのは、プラグコードのゴムの
部分から稲妻のようなものが
出るような状態をいいます。


これにより、プラグコードの
ゴムの部分に黒い斑点のようなものができます。


プラグコードのリークしているのを
確認する場合は、


エンジンをかけた状態でボンネットを
少し開けた状態か暗い所でプラグコードを
見ることで確認ができます。


プラグコードに異常があれば交換になります。


最近の車には、プラグコードがない車が
多くなってきたのでそういう車種の場合は他に原因があります。

プラグ交換で不調が改善される?

エンジンは、以下の4工程で動いています。

・吸入

・圧縮

・爆発

・排気


この中で最も重要なのが「爆発」行程です。


この爆発工程を中心に
行っているのが「プラグ」です。


このプラグの電極の先が丸くなっていたら
交換しないとアイドリング不調の原因になりやすいです。


また、加速も悪くなり燃費も悪化するので
プラグのメンテナンスは行っておいたほうがいいでしょう。


また、プラグの熱価が8番であり
黒く湿っぽい感じなら番手を下げる必要があります。


8番プラグが付いていたら7番に交換することを
熱価を下げるといいます。


プラグがかぶり気味なら、番手を下げますが
焼け具合が白いなら、番手を上げます。


広告