中古パソコンの価格は高く感じる

サイトTOP > パソコンのCPUのコア数は性能に関連がある

パソコンのCPUのコア数は性能に関連がある

パソコンのCPUのコア数は
性能に関連があります。


2コアのパソコンがとても安く手に入りますが
性能もそれほど速くもないですが遅くもない標準型と言えます。


CPUのコア数が増えれば、CPUがおこなう作業を
分担しておこなうので処理が結構早くなります。


1コアのCPUを2コアにすると
処理速度は、2倍になります。


2コアのCPUを4コアにすると
さらに2倍のスピードに変化していくわけですね。


簡単にいえば、コア数が多いほうが
処理速度が速くなるということになります。

CPUのコア数は普通に使うなら2コアのほうが良い!


現在、4コアでも6万円出せば
ディスクトップ本体のみ購入が可能です。


しかし、人によっては、このスピードを
体感することができるかどうか怪しいものと考えられます。


ただ、4コアのCPUであっても普通に使用する場合は100%の性能も
出し切れていないのが現状でしょう。


ホームページなどを作成するなどや
動画を処理する場合なら4コアのパソコンは
あっても良いかもしれませんね。


それでも、一般的なネットビジネスや
家庭用のアプリケーションでは4コアのCPUの性能を
活かすことはできないのではないでしょうか。


それでも、4コアの性能を体感したいという、あなたには
以下の「Lenovo H520s」をお勧めします。