パソコンの動作が遅い4つの原因とは? | Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ

パソコンの動作が遅い4つの原因とは?

パソコンの動作が遅い4つの原因とは?

 

Windows7を使用し続けていると新品の時は
それほど苦にもならなかった動作だったのが
使用していると動作がドンドンと遅くなってくるものです。

 

 

パソコンの動作がどうして遅くなってしまうのか
その原因は以下の4つが主な原因となります。


1.Windowsの初期起動時に読み込むアプリなどが多い2.パソコンのメモリの容量が少ない

3.ウイルスに感染している

4.パソコンの内部に不具合が生じている

以上の4つの原因が考えられます。

 

まず、Windowsの初期起動時に読み込むアプリなどが多い場合は
初期起動するアプリを停止させれば動作は改善されることがあります。

この場合は、画面左端にある「スタートメニュー」を開きます。

画面の左端にウィンドウズマークがあるので
それをクリックするとメニューが表示されます。

スタートメニュー
 

スタートメニューの検索ボックスに「msconfig」と入力して
エンターキーを押すとメニューが表示されますのでタブを「スタートアップ」にして
不要なアプリを停止させていき「OK」をクリックすれば再起動の表示が出るので再起動をクリックします。

 

header
 

パソコンのメモリの容量が少ない場合も
確かに、起動が遅くなることが多いですね。

 

メモリの使用量が100%に近いかどうかなどを確認して見ることも必要です。

 

確認方法はキーボードの「Ctrl+Alt+Del」を押せば
画面が変わるので「タスクマネージャーの起動」という項目をクリックします。

そうすると、タスクマネージャーが表示されますが
最初は「アプリケーション」のタブが開いているので
「パフォーマンス」のタブをクリックして確認します。

 

aaa
ウイルスに感染している可能性もあるのでセキュリティソフトを起動させ
チェックしていくと良いでしょう。

パソコン内部で不都合を起こしている可能性もあるので
デフラグなどをしてみると良いかもしれません。

 

以上のことを、試してみると改善されることがあるので試してみると良いでしょう。

 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ

この記事へのコメント

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ TOP » パソコンの高速化設定方法 » パソコンの動作が遅い4つの原因とは?