インテルSSDの330シリーズの取り付けレビュー | Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ

インテルSSDの330シリーズの取り付けレビュー

インテルSSDの330シリーズの取り付けレビュー

 

インテルSSDの330シリーズを
購入しましたぁo(≧▽≦)o

 

インテルSSD
SSDには2種類ありまして早いタイプと
それほどでもないタイプがあるようですね。

まあ、いい加減な店員の言うことなので
あまり信用はできませんがね(; ̄ー ̄A アセアセ



 

innteruSSD内容
さて、店員の戯言を無視して思うままのSSDを購入し
早速開けてみたセット内容は以下の通りです。

 

・SSD本体・インストールCD

・ブラケット&ネジ

・SATA延長コード

・ステッカー

以上5つの品が入っておりました(; ̄ー ̄A アセアセ

 

うーむ、ステッカーとは?・・・

 

まあいいや(; ̄ー ̄A アセアセ

 

早速、取り付けにかかりますが時すでに
HDD内のデータは、ほかに移動しているのでいつでも交換はできる状態です。

基本的に、HDDなどを交換するときは
バックアップやデータはほかのHDDに移すほうが良いですね。

 

 

それらの作業は終了しているので
ディスクトップのカバーを開けたいと思います。

 

カバーのねじ
フロンティア「FRLX114K/KD LXシリーズ」の
裏カバーを外しますが、新品なので封印がついていました。

これをはずすと、もう後戻りはできませんが
封印をはずすと言ってもシールなんですがこれをはずします。

 

 

裏にある両端についている
ネジをはずしていきます。

余りきつくはしまってはいませんので
簡単にはずすことができました。

ディスクトップのカバーを初めて開けたのは
Meのパソコン時代ですね。

 

 

それ以降も何度も開けていますが、今まで購入した
ディスクトップパソコンってほぼ同じ方向に引っ張ると
カバーが開いてしまうんですよね(; ̄ー ̄A アセアセ

 

 

裏カバー
 

 

これは、どのメーカーも共通なのか?・・・

次に、HDDを支えているブラケットを固定している
ネジをはずしていきますが、ココは1本しかはずす必要はないようです。

 

 

HDDを付けているねじ
 

次に、HDDを支えているブラケットは、もう差し込まれているだけなので
ブラケットごと左右どちらかにずらすと外れますね。

 

HDD
 

外れたら、HDDについている配線を
2つほどはずしてフリーにします。

配線をはずすほうがHDDを
はずしてしまいやすいですからねo(≧▽≦)o

これをSSDに交換して元に戻せばOKなんですが
認識しない場合もあるんですよね(; ̄ー ̄A アセアセ

 

画面に英語
 

画面が英語だらけで何も起こりませんでした。

僕の場合は、SATAの延長コードを取り付けると
なぜか、認識してリカバリーディスクが起動を始めました。

詳しい理由は分かりませんが最初は
リカバリーディスクを入れても全く認識しなかったんですよね。

まあ、偶然とは思いますが
なんでも試すのが良かったのかもしれません。

 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ

この記事へのコメント

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ TOP » HDDに交換レビュー » インテルSSDの330シリーズの取り付けレビュー