ノートパソコンにメモリ増設をした効果を評価 | Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ

ノートパソコンにメモリ増設をした効果を評価

ノートパソコンにメモリ増設をした効果を評価

 

ヒューレットパッカード製のノートパソコン「2210b」に
メモリを増設した結果を発表したいと思います。

正直に言えば、1.0のメモリ容量に1.5プラスして
メモリ容量2.5にしたところで、あまり変化を感じることは不可能でした(; ̄Θ ̄A アセアセ



 

おいらが使用しているヒューレットパッカードの
ノートパソコンはSSDを内蔵させているのでそこそこ早いほうと思います。

メモリの容量を上げた理由としては、パソコン自体の負担を軽減させるということと
読み込み速度の向上を狙ったものでした。

 

 

リソースモニターでは、メモリ増設により
メモリの空き容量がかなり増えました。

 

 

メモリ空き容量

そういう部分の変化は結構あるようなので
体感できなかったとはいえこういう部分に変化があったということは
メモリ増設も結構意味のあるものと言えますね。

また、ファイルの呼び出しが少し早くなった気がしますが
これも、メモリ増設の効果かもしれませんねo(≧Θ≦)o

 

 

メモリ増設は余り難しいものではないですが
最大のメモリ容量にすれば結構動作に期待できるかもしれません。

メモリ増設をして容量アップをしたことにより
パフォーマンスも少しだけですが変化があったようです。

 

比較

増設後の数値が下がっている部分もありますが
全体的にわずかに上がっているようで効果はあったようです。

 

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ

この記事へのコメント

WP-SpamFree by Pole Position Marketing

Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ TOP » パソコンの改造 » ノートパソコンにメモリ増設をした効果を評価