性能 | Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ

インテルのSSD性能を引き出すための設定方法

インテルのSSD性能を引き出すための設定方法

 

インテルのSSDの設定は、本来おこなう必要はないのですが
それでも、SSDを管理して性能を維持させる必要があります。

 

インテルSSD

 

SSDといっても、しようしていると性能が落ちて
動作が鈍ってくるからです。

SSDは、構造上性能は落ちないし動作も鈍らないと言われていますが
どうして、そんなデマ情報が流れているのか理解できませんね(; ̄ー ̄A アセアセ

 

 

まあ、それはさておきインテル製のSSDをセットしていたら
「Intel SSD Toolbox」は入れておきたいところです。

「Intel SSD Toolbox」は、インテル製のSSD専用の
動作チェック&最適化支援ツールです。

 

 

SSD本来の性能をフルに引き出したい場合には
「Intel SSD Toolbox」の使用は強くお勧めしたいところですね。

一部のHDDやSSDも機能する場合がありますが
それはどれかと言うのは定かではありません(; ̄ー ̄A アセアセ

ダウンロードして機能すれば
ラッキーと思うしかないでしょうけどね。

 

 

SSD設定
「Intel SSD Toolbox」には以下の機能があります。

・Intel SSD Optimizer・診断用スキャン

・System Tuner

「Intel SSD Toolbox」の管理画面は
日本語で書かれていて一安心ですね(; ̄ー ̄A アセアセ

大抵は英語表記なのでどのように使うか
全く理解できない状態になる場合が多いです。

 

SSD設定2
さて、管理画面は、直感的に操作できますが
データが消えるのではないかという不安もありあまり操作はしておりません(; ̄ー ̄A アセアセ

SSDの平均余命の予測もできるので
結構使えるツールと言えますね。

 

 

「Intel SSD Toolbox」には「System Tuner」と言う項目があり
SSDのパフォーマンスや消費電力などや耐久性など調整が必要な場合に

「調整」と言うリンクが表示されるのでそれをクリックするだけで
簡単に、SSDの最適化設定がおこなわれます。

 

 

「Intel SSD Optimizer」と言う機能もありますが
これは、性能低下を防ぎ、高い性能を維持することができます。

 

詳しい操作などは
インテルのサイトを参考にしてください。

ウンロードはこちら>>「Intel SSD Toolbox

SSDも積極的にデフラグ処理をしないと性能を発揮しない!

SSDも積極的にデフラグ処理をしないと性能を発揮しない!

 

SSDも積極的にデフラグ処理をしないと
本来の性能を発揮しません。

インテルSSD
SSDは動作が鈍くなりにくいと言う人もいますが
それは大きな間違いです。

 

 

また、デフラグ処理はSSDの寿命を縮めるといわれますが
これもまた、大きな勘違いと言えます。

また、SSDは2年で故障すると知識のない方に恐怖を植えつける方もいらっしゃいますが
そんなに簡単に故障するものではないのでご安心ください。

 

以下のサイトでは、SSDの耐久性を
実験していましたので紹介しておきますね。

 

>>SSD耐久テスト

 

SSD自体は、確かに読みこみ速度が速く書き込みファイルが断片化しても
あまり読み込む速度は気にならないレベルです。

しかし、高速で読み込めるSSDとはいえ
デフラグをしないで放置していると書き込み速度は低下していきます。

理由としては新しいデータを書き込む度に
以下の動作をSSDはおこなっているからです。

 

 

1.一旦別の場所にデータを退避

2.ブロック内の全データ消去

3.新しいデータの書き込みという手間

なので、データの読み込みが
どんどん低下していくわけですね。

SSDは、Windows標準にあるデフラグツールでは
完全に処理ができません。

 

管理画面
 

なので、「Defraggler」と言うツールを使用します。

この「Defraggler」と言うツールは空き領域も完全に処理してくれるので
SSDの性能を存分に発揮させてくれますね。

おいら自身も使用していますがSSDの寿命なんて
一般的な使用ならそれほど問題視する必要もないでしょう。

 

>>「Defraggler

SSDの本来の性能を9割の人は発揮させていない!じゃあどうすれば?

SSDの本来の性能を9割の人は発揮させていない!じゃあどうすれば?

 

容量の高いSSDの価格が下がり
かなり、購入しやすくなりましたね。

おいらが購入したのは
128GBのSSDで、それほど高い容量ではないですね。

→『SSDの本来の性能を9割の人は発揮させていない!じゃあどうすれば?』の詳細ページへ

Windows7の驚異的な高速化を実現するための情報ブログ TOP » 性能