車にLEDをつけて改造を楽しむプロジェクト
 リンクについてリンク当サイトの目的

ホームに戻る>>自動車の目的にあった電源の取り方

AdSense楽天市場               LEDメーターランプ   シフトゲートランプ   LEDウィンカーランプ



メニュー

ホームに戻る

明るさだけを求めたLED

見た目重視のドレスアップ

スポーティに決めるLED

車検が通るLED通らないLED

オリジナルコンテンツ

室内LEDの感想レビュー

電源を簡単に探せる道具

ショートさせない電源の取り方

プロ並みの配線隠し術

車の配線図を持つ意味とは?

バッテリー上がりの最大の原因

電気のチューニングアップ

パーツ検索

楽天市場 LEDメーターランプ

楽天市場 シフトゲートランプ

楽天市場 LEDウィンカーランプ
自動車の目的にあった電源の取り方

電装品などを取り付ける場合には
電源を車両から取る必要があります。


カーステレオを取り付ける場合は
車種に応じたカプラーが用意されているので
ワンタッチで取り付けられることが多いです。


しかし、LEDを室内で取り付けるとすると
どこから電源を取ればいいのか悩むところではないでしょうか。


多くの人はヒューズボックスから
電源をとっていることが多いと思われます。



ヒューズボックスから電源をとるなら確かに手軽に
目的の電源を取りやすいですしショートの危険も少ないです。


また、ヒューズボックスから簡単に電源をとれるような
そういった商品も存在しますね。



これを利用すると、配線を切らなくて済むし
ヒューズボックスに突き刺すだけで電源が取れてしまいますね。


ヒューズも付いているから安心です。


電装品を取り付けることに
少し慣れている人は、ヒューズボックスからではなく


目的の電源を取り付け位置に近い場所に来ているかを確認し
配線から直接電源をとる場合があります。


そういった場合は、ギボシ端子と
呼ばれる物を使用します。



ギボシ端子にはいろんな種類があるので
用途によって使い分ける必要があります。


配線を切って、銅線部分だけ出して
銅線同士グルグルとくっつけあわしてテープで巻くなんていう
そういった作業はショートの原因になるのでやめた方が良いでしょう。


これらの部品を使い標準で付いている製品みたいに
きれいに仕上げ、確実に取り付けることが
ショートを起こさせない方法と言えます。


明るさだけを求めたLED派手を求めるドレスアップスポーティに決めるLED



Copyright (C) 20012-2020 車にLEDをつけて改造を楽しむプロジェクト All Rights Reserved.