車にLEDをつけて改造を楽しむプロジェクト
 リンクについてリンク当サイトの目的

ホームに戻る>>車のバッテリー容量アップで電装品を元気にする!

AdSense楽天市場               ヒューズ一覧   燃費アップの決定版   エコバッテリー



メニュー

ホームに戻る

明るさだけを求めたLED

見た目重視のドレスアップ

スポーティに決めるLED

車検が通るLED通らないLED

オリジナルコンテンツ

室内LEDの感想レビュー

電源を簡単に探せる道具

ショートさせない電源の取り方

プロ並みの配線隠し術

車の配線図を持つ意味とは?

バッテリー上がりの最大の原因

電気のチューニングアップ

パーツ検索

楽天市場 LEDメーターランプ

楽天市場 シフトゲートランプ

楽天市場 LEDウィンカーランプ
車のバッテリー容量アップで電装品を元気にする!

電装品もそれほどつけていないのにパワーウィンドウが
上がりにくくなったり、ヘッドライトとが暗く感じませんか?


そういう症状の場合は
バッテリーの寿命がきているのかもしれません。


バッテリーを同じ交換をするなら、今まで使っているものよりも
ワンランク上のバッテリーに交換するのも一つの手です。


バッテリーは簡単にいえばエンジンを
始動するためにセルモーターを回すための充電池です。


エンジン回転を利用して、オルタネーターが発電した電気を
バッテリーが蓄えています。


バッテリーの容量が高ければ
蓄電容量も多く蓄電できるというわけですね。


軽自動車のバッテリーですが
「38B19L」を例に挙げて解説してみます。


バッテリー表記ですが「38」というのは容量
「B」はバッテリーの幅と高さ、端子の規格です。


「19」というのはバッテリーの長さ(cm表記)、
「L」はバッテリーの端子の位置を表します。 


バッテリーの端子を手前から見て
マイナス端子が右なら「R」で左だと「L」です。


軽自動車には、「38」と言うのが主流でしたが
現在では、最初から「40」と容量アップされている車種が多くなりましたね。


元々、「38B19L」が取り付けられていたら
「40B19L」を取り付けられるということですね。


最近では、エコバッテリーというのを
良く目にすることがあります。


これは「充電制御車」に取り付けられます。


充電制御車というのは、各メーカーが
燃費改善のためにオルタネーターを制御することで
燃費改善を図っている車種をいいます。


エコアールと言うバッテリーは
「ECT-44B19R(L)」が軽自動車用になっているようですね。



明るさだけを求めたLED派手を求めるドレスアップスポーティに決めるLED



Copyright (C) 20012-2020 車にLEDをつけて改造を楽しむプロジェクト All Rights Reserved.