ワンダーコアの口コミと評価

ワンダーコアの格安販売店の情報

▼MENU

ワンダーコアのメリットとデメリットとは?


ワンダーコアは、収納性に優れていて
30㎝以上の隙間があれば収納が可能となっています。


また、スプリングを外すことでワンダーコアの負荷を
調整することが可能となっています。


そんな、ワンダーコアのメリットとデメリットですが
まず、メリットから解説していきたいと思います。

ワンダーコアのメリット


簡単に組み立てる事が出来る

腹筋をしっかりと鍛えられる

ダイエットにも効果的

6種類の運動が可能

お腹の脂肪が取れやすい

収納性に優れている

値段によって特典が豊富になる


以上6つのメリットがワンダーコアにはあります。


ワンダーコアは、プラモデルを作ったことのない方であっても
簡単に組み立てることが可能となっています。


15分もあればワンダーコアを
組み立てることができるでしょう。


ワンダーコアは、床の上で腹筋運動をするよりも
3倍のトレーニング効果があると専門家が発言していますので
間違いなく腹筋を鍛えることが可能と言えます。


クランチという体を倒したり起き上がったりする運動ですが
スプリングのサポートがあると言っても楽にできるとは言いにくいですね。


お腹などが筋肉痛になるので
やり過ぎには気を付けたほうが良いでしょう。


もちろん、ダイエットにも効果的で
3時間程度運動をしていると結構汗もかきますし体が熱くなっており
これによって、脂肪が燃焼していると思うのでダイエットに効果があると判断しています。

また、リバウンドしにくい体つくりが可能なので
ダイエットに効果的というのは本当なのだと感じます。


ワンダーコアのデメリット


ワンダフルシェイプよりも値段が高い

保護マットが無いとフローリングに傷がつく

音がうるさい


以上の3つがワンダーコアのデメリットです。


ワンダーコアの類似品であるワンダフルシェイプですが
正直に言えば、これよりも少し高いといえます。


実は同じ機能を持ちエクササイズバンドが無料で付くので
どうしても、ワンダフルシェイプの方が魅力的に感じる人が多いです。


ワンダーコアの販売元も、これに負けまいと特典を追加していますが
値段的に安いワンダフルシェイプに客を取られていっているみたいですね。


ワンダーコアには、フローリングに傷をつけないようにと
マットがオプションで追加されています。


値段が15228円の方にマットが付いています。


しかし、マットもほしいならわざわざ値段の高い方を選ばなくても
ホームセンターで販売しているマットを下にひくことで同じ効果があります。


ワンダーコアのデメリットの中では最悪なデメリットと言えますが対処法は
ワンダーコアは音がうるさいのかを徹底検証!のページで紹介しています。

ワンダーコアの詳細はこちら