Windows7でブルースクリーンになる主な原因

サイトTOP > Windows7のブルースクリーンになる主な原因

Windows7のブルースクリーンの原因と対処法


ブルースクリーンの症状は、プログラムなどを
インストールしたりウィンドウズを起動させようとすると


青色の背景上に
エラーメッセージが表示されたりします。


またシャットダウン中に
ブルースクリーンがでて再起動になったりします。


パソコンのモニター画面全体が、青くなり白い文字が現れるので
一般的にブルースクリーンと呼ばれます。


ブルースクリーンの原因はハードティスクやメモリーなどの
不具合の可能性もあります。


主なブルースクリーンの原因は
以下の通りです。


USB接続している周辺機器などで
不具合によることも非常に多くあります。


無線LANやマウスや
プリンターなどのドライバーが原因であることがあるので


USBで接続しているものを試しに外してみましょう。


また、パソコンの起動時にブルースクリーンが表示される時
パソコンから周辺機器のUSBコードをすべて外して起動させます。


そうすることで、エラーメッセージが表示されなくなる場合もあります。

マージンカット