生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>生活保護受給者に対し扶養義務はあるのか?



メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク


生活保護受給者に対し扶養義務はあるのか?


生活保護受給者に対し、親兄弟は扶養義務はあるのか?


大変興味深い事柄ですが
生活保護者の扶養を拒否をする場合には


払えないという証明が必要だそうです。


払える場合は、生活保護を受ける親兄弟に対し
払っていかないといけないようです。


しかし、生活保護者が複数人いた場合は、その親族または兄弟まで
払わないといけないのか?という問題も出てきそうな感じですね。


同法877条1項には,「直系血族及び兄弟姉妹は互いに扶養をする義務がある。」と
されていますので、やはり、血がつながっている以上は


拒否をしないで、扶養する方が良いかもしれませんね。

>>扶養に関する参考資料

「生活扶助義務」とは、簡単にいうと
自らの生活を犠牲にしない範囲で行うことだそうです。


なので、自らが生活がぎりぎりであった場合などは
絶対扶養しないということでもないので


扶養することができない場合は
扶養をする必要はないとも言いかえられます。



しかし、言い方を変えれば
見放すということと同じですが


生活が苦しくても扶養するとなると
共倒れにもなりかねませんのでやめていた方が賢明かもしれないです。




Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.