生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>知人宅を本拠とする場合生活保護は受給できない?



メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク

知人宅を本拠とする場合生活保護は受給できない?


知人宅でお世話になっている場合は、
生活保護を受けられるのかについてですが


ご本人の状況や知人宅でお世話になっている理由などによって、
細かい部分での基準はそれぞれ違ってきます。


その中でも、知人宅には一時的にお世話になっていて、
すぐにでもご本人の世帯のみで住む場所に移動される場合と


知人宅を生活の本拠地として在住を続ける場合では、
原則としての生活保護を決定するための条件が大きく変わります。


ですので、ここでは、知人宅を生活の本拠地として、
長く在住を続ける場合での生活保護の基準について
原則としてはどのように決められるのかをご説明します。


この場合は、ご本人と知人の間柄が親戚であっても、
例え全くの他人であっても、そこで差が出ることはなく


ご本人と知人宅の全員が1つの世帯として扱われることになるので、
生活保護の基準となる世帯の収入についても双方の合計となります。


その上で、生活保護についての必要な条件を満たす上で、
世帯の収入が国の定めた基準である最低生活費よりも少ない場合に、
生活保護を受けることや詳しい受け取り金額が決定されます。


生活保護を受けるために必要な条件や、
国の定めた最低生活費及び受け取ることが出来る金額の詳細は、
下記のページをそれぞれ参照願います。


生活保護を受けるための条件


最低生活費の計算方法及び生活保護で受け取る金額の詳細


その他、知人宅にお世話になっている場合に関しては、
お1人お1人についての知人宅にお世話になっている理由や


その他の状況及び、お住まいの地域を扱う福祉事務所によって、
生活保護に関する詳しい内容に違いが出てくる可能性が高いです。


このため、本ページでのご説明内容についてはあくまでも、
原則としての生活保護における基準として参考程度にして頂いた上で


必ず生活保護の申請などをされる前には、
福祉事務所の生活保護担当部署にて事前の相談をお願いします。




Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.