生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>生活保護を受ける前に親族の扶養を拒否された場合



メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク


生活保護を受ける前に親族の扶養を拒否された場合



生活保護を受ける前に親族の
扶養を拒否された場合は


現在の収入とガスや水道電気などの明細書を持ち
福祉事務所で相談するしかないでしょう。


領収書を持ち出す理由は、すべてが止められて
延滞料金がかかっているという事を主張するためです。


そして、最後に、給料明細書を
持っていくことも忘れずにしておくのがポイントです。


給料明細書が、ある一定の金額が
基準よりも低ければ、申請はどうにか通してもらえるはずです。


なによりも、億さずに
嘘偽りなく話をして行き


親族からの扶養を拒否された事実も
言いにくいですが、これを、言わないと


申請が通らない場合もあるようです。


また、親族に公務員がいて
一定の収入があっても扶養してもらえないこともあります。


こういった場合、公務員としての姿勢が
大きく問われますが、最終的には人間性にもよると思います。


親族に一定の収入がある場合は
審査が難しいようですね。



>>関連のニュース




Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.