生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>生活保護で受給される金額はいくらくらいなのか?


メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク

生活保護で受給される金額はいくらくらいなのか?

生活保護で支給される金額についてなのですが、
お住まいの地域や世帯員の人数やそれぞれの状況と年齢によって、
国が定める最低生活費から収入を引いた差額が支給されることになります。


最低生活費は図1の通りです。




そして、図1の「最低生活費」は
下記の4項目の合計で決められることになります。


1.図2の通りで、世帯員の年齢とお住まいの
地域ごとに定められている、生活扶助基準(第1類費)



2.図3の通りで、世帯の人数とお住まいの
地域ごとに定められている、生活扶助基準(第2類費)




3.図4の通りで、障害者や母子世帯等、または中学校卒業前の
子どもを育てる場合に対して、お住まいの地域ごとに定められている加算額




4.図5の通りで、その他、必要に応じて支給される、
住宅扶助や教育扶助、介護扶助、医療扶助等




図6の通り、上記4項目の合計額である最低生活費から、
各種年金や給付金などの収入を引いた金額が、
生活保護制度で受け取ることのできる金額になります。



なお、4項目のうち、1と2の合計額である、
生活扶助基準(食費や水道光熱費、被服費などに対応する保護費)は、
例として挙げる金額として、図7を参考にして下さい。




受給計算が簡単にできるサイトがあるので
そちらを参考にしていただければと思います。

>>生活保護自動計算ツール<<




Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.