生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>車を所有しているけど生活保護を受けれるのか?


メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク

車を所有しているけど生活保護を受けれるのか?


自動車を所有している場合に、
生活保護を受けられるかどうかについてですが



自動車は資産になりますので、原則としては売るなどの処分をして頂いて、
それによって得た収入をまずは生活のために活用して頂くことになります。



ですが、障害をお持ちの方の通院や通勤など、自動車が必要な場合は
生活保護を受けていても所有することが認められる場合があります。


そして、障害をお持ちでない方でも生活にどうしても
自動車が必要な場合は生活保護を受けている間でも
自動車を所有することを認められる場合もあります。




そのため、どうしても生活のために自動車の所有が必要な場合は、
生活保護を申請される前に福祉事務所にご相談頂くようお願いします。



このように、生活保護を受けるために必要な、
申請前の事前相談や申請後の調査、生活保護開始後の調査等では、



福祉事務所や担当のケースワーカーによる、
世帯ごとの状況を把握した上での判断が必要なことも起こります。



ですから、生活保護を受ける際には、
福祉事務所や担当ケースワーカーとの信頼関係がとても大切ですので



くれぐれも信頼関係を崩すような偽りの申告等をされないよう、
世帯の状況についての正直な申告をされることをお勧めします。



Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.