生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>生活保護を受給している人に差押えはない



メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク

生活保護を受給している人に差押えはない


借金をしている人で
しかも生活に困り果てている人の家のポストには


必ずと言っていいほどに
金融会社からの通知やニッテレから手紙がきます。


ニッテレというのは、テレビ局ではなく
「債権管理回収業に関する特別措置法」により


法務大臣より許可が下りている
債権管理・回収をする会社です。



この会社自体は、取り立てに家に来ることはなく
郵便で通知が送られてくる程度です。


しかし、そういった場合においても
自己破産をするか生活保護を受けるかの選択をすることになります。


どちらも、差し押さえや手紙は来ることがないのですが
それでも、手紙が来る場合や差し押さえの手紙を送りつけてくる場合は


弁護士などに相談することをお勧めします。


最近では、無料で相談にのってくれるので
相談してみるのも良いかと思います。


相談料などは、後から請求されることはありません。


生活保護の受給されるお金は
借金の返済に使うことはできません。


もし、弁護士に相談すると
生活保護を勧めてくる場合もあります。


その場合は、自己破産などの手続きもした方が良いと
指導をされる場合もあります。


そういった相談は、「法テラス」というところが
相談に乗ってくれるのでお問い合わせしてはいかがでしょうか。

 >>法律の相談窓口法テラス





Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.