生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>生活保護の制度とは?


メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク

生活保護の制度とは?


生活保護制度は、他に使える制度や手段を全て活用した上
親族等に頼っても生活して行くのに


困り果てている方に対して、
健康で文化的な最低限の生活を


保障して自立を助けるために、
厚生労働省が行っている国の制度です。



生活保護の内容には下記の8種類があります。

日常生活に必要な費用に対して支給される生活扶助
アパートなどの家賃に対して支給される住宅扶助
お子さんの義務教育を受けるための費用に対して支給される教育扶助
通院や入院、処方薬などにかかる費用に対して支給される医療扶助
介護サービスにかかる費用に対して支給される介護扶助
出産費用に対して支給される出産扶助
就労に必要な技能の修得等にかかる費用に対して支給される生業扶助
火葬や埋葬、納骨などにかかる費用に対して支給される葬祭扶助


この中から、生活保護受給対象者の必要に応じて、支給される種類と
数や支給額が決められます。


例えば医療扶助のみの受給なども可能となっています。


生活保護制度のご相談や申請は、
お住まいの地域を扱う福祉事務所の生活保護担当部署になりますが、
下記の理由により、市役所または区役所、町村役場に、


電話等でのご確認や
お問い合わせを事前にされることをお勧めします。

1.相談先の生活保護担当部署をきちんと確認することで、
間違えて相談を受け付けてもらえない部署に行ってしまう無駄を省くため
2.相談では、ご本人の状況を全て把握する必要があるので、
状況を全て話せるように事前にご自分の状況を確認しておくため
3.電話での事前確認で生活保護の対象外だと判明したら、
福祉事務所まで相談に行く必要がなくなるため
4.住所等によって相談を受けるケースワーカーが、
既に決まっていることが多いので、担当のケースワーカーが出張や訪問中ではなく、確実に相談受付ができる日時を確認する必要があるため




Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.