生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>生活保護の基本的な受給決定までの流れ


メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク

生活保護の基本的な受給決定までの流れ

生活保護制度の手続き等の流れについてですが、
順序を簡単にまとめると下記のような流れになります。


1.お住まいの地域を扱う福祉事務所で生活保護申請前の事前相談
2.福祉事務所または町村役場で生活保護の申請
3.担当のケースワーカーによる生活保護の決定のための各種調査
4.生活保護費の支給と支給期間の申告・調査・助言・指導等


この通り、生活保護の申請前には必ず事前相談が必要なのですが、
それは生活保護の詳しい仕組み等に関するご説明や、
他の制度の活用などについての検討が必要になるためです。


また、生活保護の相談を受け付けているのは、
お住まいの地域を扱う福祉事務所の生活保護担当部署で、
申請に関しては福祉事務所以外でも、
町村役場にて受け付けを行っています。


生活保護についての事前相談を福祉事務所でされる際には、
お住まいの地域を扱う市役所または区役所、町村役場に、
電話等でのご確認やお問い合わせを前もってされることをお勧めします。


そのように電話等での確認が必要な理由については、
詳細が書かれている、
下記ページを参考にして頂くようお願いします。


>>生活保護の制度と仕組み


生活保護の事前相談後に、生活保護の受給申請をされますと、
保護の決定のために下記のような調査が行われます。

1.家庭訪問などによる、生活状況等を把握するための実地調査
2.通帳の写しや給与明細等、世帯の収入や不動産をはじめとした、
資産等の状況がわかる資料を提出して頂くことなどによる資産調査
3.両親や祖父母、子供や孫、兄弟姉妹やその他3親等以内の親族など、扶養義務者による仕送り等の援助が出来るかどうかの調査
4.年金や各種給付金等、他の制度による各種収入や、
仕事による収入等の調査
5.働くことが可能かどうかの調査



生活保護の申請をしてから原則として14日以内、
調査に日時を要する特別な調査が必要な場合は30日以内に、
このような調査を通じて、生活保護を受給できるかどうかが分かります。


また、生活保護の申請をしてから生活保護が開始されるまでの期間、
その間の生活費にお困りの場合は、社会福祉協議会によって、
「臨時特例つなぎ資金貸付」を受けられる可能性がありますので、
その際は生活保護の申請時に相談されることをお勧めします。


生活保護の申請を受けて調査が行われた結果、
生活保護の決定がされた場合は、生活保護が開始され、
国が定める基準に基づく最低生活費から収入を引いた額を、
保護費として毎月支給されます。


生活保護の受給中は、収入の状況を毎月申告して頂いたり、
福祉事務所のケースワーカーが年数回の訪問によって、
世帯の実態の調査を行ったり、働くことが出来る可能性のある方には、
働いて頂くための助言や指導を行うことになります。




Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.