生活保護の制度と基準を解説


ホームに戻る>借金があると生活保護は受けられる?


メニュー

ホームに戻る

生活保護の制度

必要な書類と申請場所

生活保護を受ける基準

受給決定までの流れ

受給後は医療費が無料?

受給される金額の詳細

借金と生活保護の関係

生活保護の不正受給とは?

援助を受けていても受給される?

障害者も生活保護を受けれる?

自己破産中でも受給は可能

生活保護中は車を所有できる

受給者が亡くなった場合

生活できない給料の場合

知人宅にお世話になる場合

生活保護受給者が悪者扱いの理由

本拠を変えた場合の受給の問題

消費者金融からの差し押さえの問題

貧困生活者を狙うビジネスとは?

生活保護制度が変わり現物支給に

親族に扶養を拒否された場合

生活困難者の親族の扶養の義務

スポンサードリンク

借金があると生活保護は受けられる?

借金がある場合の生活保護についてですが、
 生活保護を受けるための基準は、
 下記ページでご説明した通りになります。

 
生活保護を受けるための基準
 
 
こちらの通りで、借金があるかないかは、
 生活保護を受けられるかどうかの判断基準にはなりません。

 
そのため、借金があるからと言う理由で、
 生活保護を受ける資格がないと言うわけではありませんから


 収入が生活保護の最低生活費よりも少ない場合は、
 生活保護を受けることができるのです。

 
その逆で、借金で生活にとても困っているからと言っても、
 生活保護の最低生活費の基準よりも収入が多い場合は、
 生活保護を受けることはできません。
 


また、生活保護で支給される金額がいくらになるのかについては、
 下記のページでご説明した通りになります。

 
生活保護で支給される金額
 
 
つまり、生活保護で受け取ることが出来る金額は、
 借金があるかないか、またはその金額や月々の返済額とは、
 全く関係がないということです。

 
よって、生活保護制度では、借金の返済についての補助はありませんので、
 どれだけ返済額が高額だったとしても、それを理由として、
 生活保護で受け取ることが出来る金額が増えることはないのです。

 
例え生活保護を受けていても、借金の返済のために、
 生活にお困りになった場合の救済措置はありませんから


 受け取られた生活保護の範囲内で、出来る限りの節約に心がけるなど、
 ご本人の努力が必要になりますので、その点はくれぐれもご注意下さい。
 


Copyright c 2011 生活保護ダイアリー All rights reserved.