‘太陽光発電のメリットとデメリット’ カテゴリー

太陽光発電システムの4つのデメリットとは?

太陽光発電システムの4つのデメリットとは?

 

demeritto


クリーンエネルギーとして注目を浴びている
太陽光発電システムですが家庭に導入することで
電気代が安くなります。


太陽光発電システムの最大のメリットは
余った電力を電力会社に売ることが出来るということです。

 

 


そして、万が一停電になっても非常用の電源としても
使えるので太陽光発電システムはメリットは大きいんです。


ですが、太陽光発電システムは完璧なものではなく
デメリットも残念ながらあるということです。


太陽光発電システムを導入しようという場合は
デメリットもちゃんと知っておいたほうが良いと感じます。

 

 


理由は導入後に「こんなはずではなかった」とか
後悔することがないようにデメリットも知っていたほうが良いと
思うのでデメリットを紹介していきたいと思います。

 


太陽光発電システムのデメリット

・設置費用が高い

・天候や立地条件によって発電量が変化する

・太陽光発電システムには寿命がある

・悪徳業者の場合は雨漏りがする


太陽光発電システムを設置する時って
値段を見て驚いてしまいます。


理由は、100万円以上も設置するための値段がするからです。

 

mente


工事内容や設置するソーラーパネルの枚数などにより
値段も異なっていますが、4kWの標準的なシステムを
一戸建ての家に設置する場合の値段は200万円前後もします。


大きな買い物なので、一つの業者だけに見積もりを出さず
複数社に見積もりを出すと良いですね。


太陽光発電システムは、太陽の光を
電気エネルギーに変換しています。


なので、曇っている時や夜などは
発電は当然出来ません。

 

taiyoukou

 


雨天時などは発電量も大幅に低下してしまいます。


晴れている時と比較をすると曇り空の場合は「30~50%」で
雨天時の場合は「10%」の出力になります。

 


太陽光発電システムは寿命があります。

 

 


新築で太陽光発電システムを導入する人は多いですが
新築の場合は30年や50年など長期間住む場合が多いですよね。


太陽光発電システムの使う機器の保証は10年というのが多く
数十年にわたりメンテナンスフリーではないんです。

 

 


太陽光発電システムを新築と一緒に購入した場合は
太陽光発電のほうが早い時期で
何かの不具合が発生する可能性もあります。


太陽光発電システムを導入した家で
雨漏りをし始めたというケースが多くなっています。

 

 


原因は様々ですが、取り付けした時の「施工ミス」などが
圧倒的に多いようですね。


修繕依頼をしても応じない施工販売会社もあったり
連絡が取れないというケースも有ります。


太陽光発電システムのブームに乗じた悪質な
訪問販売や詐欺的な業者も増えているので
注意が必要となりますね。

 

settigyousya


信頼できる施工販売会社を探すには
複数の施工販売会社に見積り依頼をするのが良いです。

 

 


「太陽光発電システム見積比較.com」の
「太陽光発電無料一括見積もり」は最大5社まで
見積り依頼を一括でできます。


1,1分で簡単な見積依頼

2,厳選された最大5つの業者から見積りが自宅に届く

3,興味のある業者を選び内容を確認する


この3ステップで信頼できる業者を選ぶことが出来ます。

 

 


一つの施工販売会社だけを選ぶと高いのか安いのかが
全くわからないし、本当に信頼できるのかも
分かりにくい場合もあります。


なので、複数の業者から見積を依頼して
比較をしていくのが太陽光発電の失敗しない購入方法です。


太陽光発電の見積り依頼は
以下のサイトから信頼できる業者を
最大5社を比較することが出来ます。

↓↓    ↓↓

太陽光発電の設置価格を見積り比較!  

 

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット

 

soorapaneru


太陽光発電のメリットは、自宅で電気を発電できるので
電気料金を大幅に削減できます。


蓄電池などとの組み合わせは
最強のコンビネーションになるので
更に効率的に電気を活用できるようになります。

 

 


太陽光発電の最大のメリットは余った電気を
電力会社に売ることが出来るということです。


電力会社に電気を売ることを「売電」と言います。

 

 

太陽光発電は、昼間に太陽光により発電をしますが
実は、発電をしたすべての電気を家庭で使い切れないことがあります。


こうした使い切れなかった電気を電力会社に売るのですが
電力会社が電気を買い取るという制度があります。

 

monitahyouji


太陽光発電システムを設置する時に
簡単な手続きをすることで自動で売買が行われます。


おそらく、売電の収入で20万年を超えることはないと思いますが
売電で20万円を超えると確定申告が必要となります。

 


蓄電池のない太陽光発電システムは夜は発電できないので
電力会社から電気を買うことになります。


それでも、夜中の電気料金を安く利用できる
時間帯別電灯契約」を契約することで
電気料金の節約が可能になります。

 

 


太陽光発電システムのメリットは以上のメリットがあるので
設置をしたほうがお得だということになりますね。


電気料金を節約したいという人は
一度見積もりをしてみると良いでしょう。


▼詳細はこちら▼

 太陽光発電システムっていくらぐらいかかるの?

 

 

太陽光発電システムのメリットとデメリットとは?

太陽光発電システムのメリットとデメリットとは? taiyoukou


太陽光発電システムは、屋根などにソーラーパネルを設置し
太陽の光エネルギーを電気エネルギーに変えて
電気を創りだすというシステムを言います。

簡単に、かいせつをすれば「電気を作り出す装置」が
太陽光発電システムなんです。

 

太陽光発電システムは、いろんなメリットやデメリットがあります。



太陽光発電システムを上手く利用すれば
光熱費の節約が期待できて経済的なメリットを生むはずですよ。


では、太陽光発電システムのメリットと
デメリットを解説していきましょう。

 

太陽光発電システムのメリット


・余った電力を売ることができる

・補助金を受け取れる

・災害時の非常用電源となる

・光熱費を節約ができる

・設置費用が安くなってきている


以上、太陽光発電のメリットですが
余った電力は電力会社にいくらかの値段で
売ることが可能です。


大体、日が照っている昼間などが多くエネルギーが
使い切れずに余るので電力会社が買い取ってくれるんです。


demeritto 

太陽光発電は、CO2などを排出しないのも
最大のメリットなんです。

地球温暖化に貢献するということで
国や自治体が補助金制度を設けているんです。

 

停電になったとしても太陽光発電は
余り影響が無いですが夜中に停電になると
電力会社から電気を送ってもらわないと
電気は使えなくなるんですよね。

 

昼間などに停電があれ
ば太陽光発電の効果が 発揮できるといえますね。

 

太陽光発電設置が高いというのは
もはや、昔の話になっています。

いまでは、一昔前みたいに
値段が高いわけじゃないんですよ。

 

太陽光発電システムのデメリット

・天候や季節によって発電量が不安定

・メンテナンスが必要

・引っ越しはやりにくい


太陽光発電のデメリットは以上ですが
天候や季節によっては発電量は変わってきます。


taiyoukou  


例えば、曇り空が多い冬場は 太陽光発電の発電量は少ないです。


場合によっては、電力不足を感じることもあるかもしれません。


夏場などは、結構電力があるので
太陽光発電を設置してよかったと実感できます。

当然、太陽光発電にはソーラーパネルが
屋根などに設置されます。

 


鳥の糞などや砂ボコリなどで汚れる可能性も高いです。


汚れてしまったソーラーパネルは
太陽光を電力に変える力も半減するので
メンテナンスは必ず必要となります。

 

設置して終わりではなく、メンテナンス費用も
必ずかかってくるという認識で設置を検討すると良いでしょう。

 


太陽光発電システムを導入してしまうと
引っ越しがしたくても出来ません。

長く居ることが決まっているなら
太陽光発電システムは設置しても良いと考えられます。

 


太陽光発電システムは
設置費用が安くなってきています

適当に選んでしまったり一つに絞って検討をすると
結構大損をしてしまう場合が多いです。

 


そうならないためにも、一括で
いろんな業者の見積もりを出すほうが良いですよ。

理由は、安い業者が見つかる可能性が高くなるからです。

 


太陽光発電システムを設置したいと検討をしている人や
興味がある人は見積もりだけでもしてみると良いでしょう。

↓↓      ↓↓

太陽光発電は見積り比較で安くなる!