‘太陽光発電を有効に使う方法’ カテゴリー

太陽光発電の売電で収益が膨らむ理由

太陽光発電の売電で収益が膨らむ理由

 

monitahyouji


太陽光発電システムを利用すると
売電という電力会社に余った電気を売る事ができます。


太陽光発電システムを導入している住宅は
急速に増えつつあります。


太陽光発電のブームは去っているんじゃないの?


あなたは、ひょっとしたら
そう考えているかもしれません。

 

 


まだまだ、太陽光発電はメリットが大きいので
設置をする人は急増し続けているんです。


設置するためには100万円以上の費用が必要ですが
これにより、家庭で使う電力がある程度太陽光発電で
補うことができて、しかも余った電気を電力会社に
売ることができるので人気が衰えないのでしょう。

 

 


上手くやれば、余った電気を電力会社に売リ続けることで
10年位で費用を回収することが出来る可能性もあります。


電気の買い取りは電力契約のやり方によってや
使用電力量により異なってきます。

 

taiyoukou

 


2014年度の1kWhごとの売電単価は以下のようになります。

 

baidenkakaku

 

一般的な太陽光発電システムの発電量は
3~5kWなので10kW未満が37円税込みが適用価格になります。

 

 


太陽光発電システムで発電された電気は
テレビや冷蔵庫などやその他照明器具など
いろいろな家電により消費されます。


こうした中で余った電気を電力会社に売電することが出来るんです。


ただ、売電価格が値下げすることもあるので
必ず儲かるというわけでもありません。

 

 


なので、儲けようという考えで太陽光発電を設置するよりも
電気代を節約しようという考えで設置するほうが良いかもしれませんね。


消費税増税により5%から8%になっているので
これまで105万円で導入ができたのが
108万円で導入することになります。

 


この先、10%に増税する可能性があるので
110万円で導入することになりますね。


ただ、業者によっては値段が異なるので
複数社見積もりを出して比較をすると良いですね。

↓↓       ↓↓

 太陽光発電は見積り比較で安くなる!

 

太陽光発電の耐用年数を検証

太陽光発電の耐用年数を検証

 

taiyoudesuka


太陽光発電の耐用年数は、国税庁の分類に従う場合
太陽光発電などの設備は法定耐用年数17年が適用されます。


「耐用年数」とは、簡単にいえば
ソーラーパネルがどれくらいの期間耐えられるか
という年数を言います。

 


大体、こういう話をする場合は「減価償却」という
言葉が出ますがこういう難しい言葉はどうでも良いですよ。


知りたいのは「ソーラーパネルの寿命」であり
「パワーコンディショナーの寿命」だと思います。

 

odots7


ソーラーパネルの寿命は
大体20年~30年とされています。


パワーコンディショナーは10年~15年のようですね。

 


ただ、勘違いしている人も
ひょっとしたらいるかもしれません。


ソーラーパネルの寿命30年くらいで
必ず故障するというわけじゃないんです。

 

 

メンテナンス次第で故障するかしないかが決まります。


ソーラーパネルに関しては20年を境に
故障する可能性は高くなります。

 

mente


パワーコンディショナーの場合も、15年を超えたからといって
絶対に故障をするというわけじゃないんです。


長く使えるかどうかは丁寧に使い続けられるかによって
どれくらい耐えられるのかが決まってきます。

 

 

ソーラーパネルは可動部分が少ないので
パワーコンディショナーよりも故障する可能せは低いです。


太陽光発電のメンテナンス費用って高いイメージがありますが
全くそんなことはありません。

 


大体、1回にかかるメンテナンス費用は1~2万円程度です。


業者によっては値段も変わってくると思います。


太陽光発電を導入したいという人や
興味があるという人は一度見積もりを
出すのも良いかもしれません。

↓↓       ↓↓

 太陽光発電システムの価格比較はこちら

 

太陽光発電システムに蓄電池を導入するときのポイント

太陽光発電システムに蓄電池を導入するときのポイント

 

tikudenntino


太陽光発電システムを有効に利用するためには
蓄電池は最も必要なものとなります。


例えば、夜中では太陽光発電は使い物になりません。


ですが、蓄電池を太陽光発電システムにつなぐことで
夜中でも蓄電した電気を使うことが可能となるんです。


ですが、建物にあった蓄電池を設置しなけtれば
安定した電力を供給することが出来ないんです。


蓄電池システムを導入する場合のポイントを
解説していきたいと思います。

 

demeritto

 


まず、蓄電池をどういった目的で使うかを
具体的にイメージすることが重要です。


省エネ対策の非常用電源として使うとか
色々とイメージをすると良いですね。


蓄電池は電気を充電して使うわけなので
永久に使えるわけじゃないんです。


当然、充電した電気がなくなれば充電しないかぎりは
次に使うことができなくなるんです。

 

soorapaneru


実際の生活をする場面で非常用としてとか
省エネの目的で電源を使う場合によって
電力量の計算をしたほうが良いです。


電力量は、以下のように計算をすると
電力量が計算できますよ。


電力(ワット数)×時間=電力量


蓄電池は、太陽光発電システムと相性がとても良いので
一度見積もりを出してみると良いでしょう。


以下のサイトでは、複数の会社の蓄電池の見積もりを
無料で出せるので参考してみると良いですね。

↓↓         ↓↓

蓄電池の無料一括見積り比較はコチラ

 

太陽光発電を夜でも電気を発電できる秘策とは?

太陽光発電を夜でも電気を発電できる秘策とは?

 

tikudenti


太陽光発電のデメリットは夜は発電できないということでした。


確かに、これまでの太陽光発電は
夜は発電できないので電力会社から
電気を供給してもらうしか無かったんです。


でも、太陽光発電を夜でも電気を発電できる方法が
たったひとつあるんです。

 


もう、ピンと来ているかもしれないですけど
蓄電池」を新たに追加します。


確かに、太陽光発電システムを導入して
かなりの出費になっているのに
更にお金が飛んで行くのは辛いかもしれません。

 


でも、太陽光発電のデメリットである
夜でも電気を発電できると電気代も節約できます。


蓄電池は、太陽光発電視してむと相性は
とても抜群でライフスタイルや目的に合わせて
発電量をアップさせ本来太陽光発電が使えない時間でも
使うことができるようになるんです。

 

tikudentidesu


例えば、夏にはエアコンが必須となりますが
エアコンが一日中付いているのは電気代が心配になりますよね。


太陽光発電システムを導入すれば、これが半減されます。


しかし、夜中に使いたくても太陽光発電システムは
夜中に発電してくれないので電力会社から
電気を供給してもらうので節約の意味が無いです。

 


でも、蓄電池を使うことで太陽光発電システムが
本来使えないよ中でも使えるようになるわけですよ。


暑い夏でも夜中に電気代を考えずに使い放題にできますよ。


蓄電池の見積もりは以下のサイトを利用すると
いろいろな会社の付く電池を比較することが出来るので
利用してみると良いでしょう。

↓↓       ↓↓

 蓄電池の無料一括見積り比較はコチラ