3月, 2016

太陽光発電システムの4つのデメリットとは?

太陽光発電システムの4つのデメリットとは?

 

demeritto


クリーンエネルギーとして注目を浴びている
太陽光発電システムですが家庭に導入することで
電気代が安くなります。


太陽光発電システムの最大のメリットは
余った電力を電力会社に売ることが出来るということです。

 

 


そして、万が一停電になっても非常用の電源としても
使えるので太陽光発電システムはメリットは大きいんです。


ですが、太陽光発電システムは完璧なものではなく
デメリットも残念ながらあるということです。


太陽光発電システムを導入しようという場合は
デメリットもちゃんと知っておいたほうが良いと感じます。

 

 


理由は導入後に「こんなはずではなかった」とか
後悔することがないようにデメリットも知っていたほうが良いと
思うのでデメリットを紹介していきたいと思います。

 


太陽光発電システムのデメリット

・設置費用が高い

・天候や立地条件によって発電量が変化する

・太陽光発電システムには寿命がある

・悪徳業者の場合は雨漏りがする


太陽光発電システムを設置する時って
値段を見て驚いてしまいます。


理由は、100万円以上も設置するための値段がするからです。

 

mente


工事内容や設置するソーラーパネルの枚数などにより
値段も異なっていますが、4kWの標準的なシステムを
一戸建ての家に設置する場合の値段は200万円前後もします。


大きな買い物なので、一つの業者だけに見積もりを出さず
複数社に見積もりを出すと良いですね。


太陽光発電システムは、太陽の光を
電気エネルギーに変換しています。


なので、曇っている時や夜などは
発電は当然出来ません。

 

taiyoukou

 


雨天時などは発電量も大幅に低下してしまいます。


晴れている時と比較をすると曇り空の場合は「30~50%」で
雨天時の場合は「10%」の出力になります。

 


太陽光発電システムは寿命があります。

 

 


新築で太陽光発電システムを導入する人は多いですが
新築の場合は30年や50年など長期間住む場合が多いですよね。


太陽光発電システムの使う機器の保証は10年というのが多く
数十年にわたりメンテナンスフリーではないんです。

 

 


太陽光発電システムを新築と一緒に購入した場合は
太陽光発電のほうが早い時期で
何かの不具合が発生する可能性もあります。


太陽光発電システムを導入した家で
雨漏りをし始めたというケースが多くなっています。

 

 


原因は様々ですが、取り付けした時の「施工ミス」などが
圧倒的に多いようですね。


修繕依頼をしても応じない施工販売会社もあったり
連絡が取れないというケースも有ります。


太陽光発電システムのブームに乗じた悪質な
訪問販売や詐欺的な業者も増えているので
注意が必要となりますね。

 

settigyousya


信頼できる施工販売会社を探すには
複数の施工販売会社に見積り依頼をするのが良いです。

 

 


「太陽光発電システム見積比較.com」の
「太陽光発電無料一括見積もり」は最大5社まで
見積り依頼を一括でできます。


1,1分で簡単な見積依頼

2,厳選された最大5つの業者から見積りが自宅に届く

3,興味のある業者を選び内容を確認する


この3ステップで信頼できる業者を選ぶことが出来ます。

 

 


一つの施工販売会社だけを選ぶと高いのか安いのかが
全くわからないし、本当に信頼できるのかも
分かりにくい場合もあります。


なので、複数の業者から見積を依頼して
比較をしていくのが太陽光発電の失敗しない購入方法です。


太陽光発電の見積り依頼は
以下のサイトから信頼できる業者を
最大5社を比較することが出来ます。

↓↓    ↓↓

太陽光発電の設置価格を見積り比較!  

 

太陽光発電の売電で収益が膨らむ理由

太陽光発電の売電で収益が膨らむ理由

 

monitahyouji


太陽光発電システムを利用すると
売電という電力会社に余った電気を売る事ができます。


太陽光発電システムを導入している住宅は
急速に増えつつあります。


太陽光発電のブームは去っているんじゃないの?


あなたは、ひょっとしたら
そう考えているかもしれません。

 

 


まだまだ、太陽光発電はメリットが大きいので
設置をする人は急増し続けているんです。


設置するためには100万円以上の費用が必要ですが
これにより、家庭で使う電力がある程度太陽光発電で
補うことができて、しかも余った電気を電力会社に
売ることができるので人気が衰えないのでしょう。

 

 


上手くやれば、余った電気を電力会社に売リ続けることで
10年位で費用を回収することが出来る可能性もあります。


電気の買い取りは電力契約のやり方によってや
使用電力量により異なってきます。

 

taiyoukou

 


2014年度の1kWhごとの売電単価は以下のようになります。

 

baidenkakaku

 

一般的な太陽光発電システムの発電量は
3~5kWなので10kW未満が37円税込みが適用価格になります。

 

 


太陽光発電システムで発電された電気は
テレビや冷蔵庫などやその他照明器具など
いろいろな家電により消費されます。


こうした中で余った電気を電力会社に売電することが出来るんです。


ただ、売電価格が値下げすることもあるので
必ず儲かるというわけでもありません。

 

 


なので、儲けようという考えで太陽光発電を設置するよりも
電気代を節約しようという考えで設置するほうが良いかもしれませんね。


消費税増税により5%から8%になっているので
これまで105万円で導入ができたのが
108万円で導入することになります。

 


この先、10%に増税する可能性があるので
110万円で導入することになりますね。


ただ、業者によっては値段が異なるので
複数社見積もりを出して比較をすると良いですね。

↓↓       ↓↓

 太陽光発電は見積り比較で安くなる!

 

太陽光発電システムの工事期間

太陽光発電システムの工事期間

 

settigyousya


太陽光発電システムの工事期間って
一体どれくらいの期間が必要なのか解説します。


仮に、太陽光発電システムの工事が
長期になる可能性がある場合は近所に対する配慮も
やはり、忘れないようにしたほうが良いでしょうね。

 


屋根の大きさや設置するソーラーパネルによっては
期間が変わると思いますが、設置だけなら1日で完了するようです。


遅くて2週間位のようですね。


システムが稼働できるようになるまで
1ヶ月~2ヶ月はかかると見て良いですね。

 

demeritto


太陽光発電システムの取り付け工事は屋根の形状や
天候などによって違いが出ますが、3日間は期間が必要になりますね。


1日目でソーラーパネルを屋根に設置を完了させ

 


2日目で配線工事等を完了させるという日程が多いです。


ソーラーパネル設置は本人の立会いは不要ですが
家の中での配線工事は本人の立会が必要になることもあるようです。

 

 


太陽光発電システムの工事などは複数社見積もりを出して
おなじ質問を複数社にして解答が丁寧な所を選ぶと良いですね。


複数の業者に見積り依頼を出すメリットは
比較ができるということにあります。


信頼できる業者を複数社見積もりができる
以下の様なサイトを利用すると良いでしょう。

↓↓        ↓↓

 太陽光発電の設置価格を見積り比較!

 

太陽光発電は絶対に付けてはいけない4つの住宅とは?

太陽光発電は絶対に付けてはいけない4つの住宅とは?

 

settigyousya


太陽光発電システムは、電気代を削減させることが出来て
余った電気も電力会社に売ることが出来るメリットがあります。


更には、蓄電池を追加することで
太陽光発電のデメリットを大幅に改善することが出来ます。

 


でも、太陽光発電システムを設置するのは
全く無意味な住宅もじつはあるんです。


どういう住宅なのかといえば・・・


・屋根全体が影になっている

・屋根の半分が影になっている

・複雑な形状の屋根

・設置スペースがベランダしか無い


以上の住宅が太陽光発電に向かない家です。

 


屋根全体が太陽の光が当たらず影になっている場合は
発電ができない状態になるので設置しても無駄になります。


また、屋根の半分が日当たり悪いという場合も
残念ながら太陽光発電の性能をフルに発揮できません。

 

hukuzatunayane


複雑な形状の屋根って余り見かけないんですが
時々みかける複雑な形状の屋根でも
小さなソーラーパネルを設置できるみたいです。


ただ、ソーラーパネルの設置居処がたくさん増えるため
工賃だけが高くなるという現象が起きますよ。

 

 

設置スペースがベランダしかない場合は
本格的な太陽光発電システムは諦めるしか無いですね。


ベランダ用の太陽光発電システムがあるので
そちらを購入したほうが良いといえます。


太陽光発電を実際に取り付けたいという人は
複数社から見積もりを出して相談をしてみると良いですね。

↓↓      ↓↓

 施工会社に相談!【太陽光発電システム見積比較.com】

 

太陽光発電の耐用年数を検証

太陽光発電の耐用年数を検証

 

taiyoudesuka


太陽光発電の耐用年数は、国税庁の分類に従う場合
太陽光発電などの設備は法定耐用年数17年が適用されます。


「耐用年数」とは、簡単にいえば
ソーラーパネルがどれくらいの期間耐えられるか
という年数を言います。

 


大体、こういう話をする場合は「減価償却」という
言葉が出ますがこういう難しい言葉はどうでも良いですよ。


知りたいのは「ソーラーパネルの寿命」であり
「パワーコンディショナーの寿命」だと思います。

 

odots7


ソーラーパネルの寿命は
大体20年~30年とされています。


パワーコンディショナーは10年~15年のようですね。

 


ただ、勘違いしている人も
ひょっとしたらいるかもしれません。


ソーラーパネルの寿命30年くらいで
必ず故障するというわけじゃないんです。

 

 

メンテナンス次第で故障するかしないかが決まります。


ソーラーパネルに関しては20年を境に
故障する可能性は高くなります。

 

mente


パワーコンディショナーの場合も、15年を超えたからといって
絶対に故障をするというわけじゃないんです。


長く使えるかどうかは丁寧に使い続けられるかによって
どれくらい耐えられるのかが決まってきます。

 

 

ソーラーパネルは可動部分が少ないので
パワーコンディショナーよりも故障する可能せは低いです。


太陽光発電のメンテナンス費用って高いイメージがありますが
全くそんなことはありません。

 


大体、1回にかかるメンテナンス費用は1~2万円程度です。


業者によっては値段も変わってくると思います。


太陽光発電を導入したいという人や
興味があるという人は一度見積もりを
出すのも良いかもしれません。

↓↓       ↓↓

 太陽光発電システムの価格比較はこちら

 

太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリット

 

soorapaneru


太陽光発電のメリットは、自宅で電気を発電できるので
電気料金を大幅に削減できます。


蓄電池などとの組み合わせは
最強のコンビネーションになるので
更に効率的に電気を活用できるようになります。

 

 


太陽光発電の最大のメリットは余った電気を
電力会社に売ることが出来るということです。


電力会社に電気を売ることを「売電」と言います。

 

 

太陽光発電は、昼間に太陽光により発電をしますが
実は、発電をしたすべての電気を家庭で使い切れないことがあります。


こうした使い切れなかった電気を電力会社に売るのですが
電力会社が電気を買い取るという制度があります。

 

monitahyouji


太陽光発電システムを設置する時に
簡単な手続きをすることで自動で売買が行われます。


おそらく、売電の収入で20万年を超えることはないと思いますが
売電で20万円を超えると確定申告が必要となります。

 


蓄電池のない太陽光発電システムは夜は発電できないので
電力会社から電気を買うことになります。


それでも、夜中の電気料金を安く利用できる
時間帯別電灯契約」を契約することで
電気料金の節約が可能になります。

 

 


太陽光発電システムのメリットは以上のメリットがあるので
設置をしたほうがお得だということになりますね。


電気料金を節約したいという人は
一度見積もりをしてみると良いでしょう。


▼詳細はこちら▼

 太陽光発電システムっていくらぐらいかかるの?

 

 

太陽光発電の見積りは複数社比較が絶対お得な理由

太陽光発電の見積りは複数社比較が絶対お得な理由

 

taiyoudesuka


太陽光発電のような高額な商品は複数の業者を
比較するほうが絶対にお得です。


例えば、ソーラーパネル一つにしても
メーカーによっては、同じ性能でも
値段が異なる場合が多いです。

 


特に、太陽光発電はオーダーメイドなので
同じ条件で比較をしなければ値段が安いのか高いのか
全くわかりませんしサービスの内容も
良いのか悪いのかも分からなくなります。


現実に太陽光発電を設置する人の9割は
1つの業者のみに太陽光発電の導入を検討していることが多いです。

 


実は、太陽光発電の費用や屋根の設置するレイアウト等や
ソーラーパネルの数など勧めてくるメーカーなども
それぞれバラバラなんですよ。

 

taiyoukou


特に値段なども安い場合もあるので
複数社を比較するほうがお得な感じですね。


太陽光発電設置は全く同じ条件でも
10万円~20万円の差は必ず出てきます。

 


1つの業者の見積もりだけだと
そもそも、その見積もり自体が安いのかどうかもわからないです。

 


営業の人に値段に関して聞いても・・・


うちとこは、めちゃくちゃ安くしているんです

こんなに安い値段は他では出せないですよ


営業の人は、どうにかして自分から買ってもらおうと
必死なのでこういう嘘をついているわけです。

 


1つの業者だけの見積もりだけなら
本気で信じてしまいますが、複数社の見積もりで
比較をしているなら嘘は見抜けるはずですよね。


太陽光発電の見積を出すなら最低でも3社は
比較していたほうが良いでしょうね。


複数社の比較は以下のサイトでもできるので
見積もりを出してみると良いでしょう。

↓↓     ↓↓

複数社から見積り依頼♪強引な営業はしません!

 

太陽光発電の工事費用はいくら?

太陽光発電の工事費用はいくら?

 

settigyousya


太陽光発電システムというのは安くはないので
慎重に計画を立てて購入に踏み切りたいところです。


この価格は他よりも安いかなぁ

工事費用って安ければよいのかなぁ


などなど、結構不安になることってあるものです。

 


後悔したくはないので、太陽光発電設置の費用や
目安などを基本的なことをおさえていくようにしましょう。


いざ、太陽光発電システムを取り付ける段階で
一体どれくらいの工事費用になるのか判断がつかない人は
結構多いのかもしれません。

 


太陽光発電の設置費用は、自宅の屋根の向きや面積などや
屋根の種類などによって設置するシステムの容量が変化するので
検討をする場合は専門家に見積もりをしてもらうと良いでしょう。


費用の目安は平成26年ではソラーパネル単価は
1kWあたり40.5万円くらいのようです。

 

demeritto


住宅用の太陽光発電システムの場合は平均容量4.90kWの場合
設置価格の目安は200万円程度と推定されますね。


ですが、複数に見積り依頼をすることで
200万円よりも安く設置することが可能になります。

 


理由は、設置業者によっては同じ家で
同じシステムを取り付けるにしても値段が異なるからです。


太陽光発電システムを検討する場合は
信頼できる業者をピックアップして
複数社を比較していくほうが失敗しないといえますね。

 


信頼できる業者を複数社比較するなら
以下のサイトを利用すると便利ですよ。

↓↓    ↓↓

 太陽光発電は見積り比較で安くなる!

 

 

太陽光発電キットをベランダに設置するほうがお得?

太陽光発電キットをベランダに設置するほうがお得?

 

taiyoukouberanda

 

太陽光発電のミニチュア版である
ベランダ用ってのがあります。


本格的な太陽光発電システムをシンプルにして
小型化したもので値段も15万~40万円で購入が可能です。


僕自身も実はベランダ用の太陽光発電が欲しくて
色々と調べたことがあるんです。


太陽光発電を気軽に行いたいという人は
ベランダ用の太陽光発電システムを利用すると良いでしょう。


でも、容量は期待できません。

 

odots7


なぜなら、大体が「90W」くらいのレベルで
それ以上のパネルになると一人では設置はできません。


220Wをつけるとなると確かに容量は高くなりますが
二人での作業となるでしょうね。


それでも、冷蔵庫とかテレビくらいしか見れないんじゃないでしょうか。


いやいや、冷蔵庫とテレビは結構電気を使うので
テレビと冷蔵庫の電気代が浮けばそれだけでも
かなり経済的にやさしいかもしれませんね。

 

beranndayou


自分で太陽光発電システムを導入できる人は
そういうベランダ用の太陽光発電を買うと良いでしょう。


でも、そういうのを取り付けられないという人は
業者に本格的な太陽光発電システムを取り付けてもらうと良いですね。


太陽光発電システムに興味があるなら
以下のサイトで複数社から見積もりを出して
比較をしてみると良いでしょう。

↓↓      ↓↓

 太陽光発電システム販売業者より最大5社の見積りを一括でお届け!

 

 

太陽光発電システムに蓄電池を導入するときのポイント

太陽光発電システムに蓄電池を導入するときのポイント

 

tikudenntino


太陽光発電システムを有効に利用するためには
蓄電池は最も必要なものとなります。


例えば、夜中では太陽光発電は使い物になりません。


ですが、蓄電池を太陽光発電システムにつなぐことで
夜中でも蓄電した電気を使うことが可能となるんです。


ですが、建物にあった蓄電池を設置しなけtれば
安定した電力を供給することが出来ないんです。


蓄電池システムを導入する場合のポイントを
解説していきたいと思います。

 

demeritto

 


まず、蓄電池をどういった目的で使うかを
具体的にイメージすることが重要です。


省エネ対策の非常用電源として使うとか
色々とイメージをすると良いですね。


蓄電池は電気を充電して使うわけなので
永久に使えるわけじゃないんです。


当然、充電した電気がなくなれば充電しないかぎりは
次に使うことができなくなるんです。

 

soorapaneru


実際の生活をする場面で非常用としてとか
省エネの目的で電源を使う場合によって
電力量の計算をしたほうが良いです。


電力量は、以下のように計算をすると
電力量が計算できますよ。


電力(ワット数)×時間=電力量


蓄電池は、太陽光発電システムと相性がとても良いので
一度見積もりを出してみると良いでしょう。


以下のサイトでは、複数の会社の蓄電池の見積もりを
無料で出せるので参考してみると良いですね。

↓↓         ↓↓

蓄電池の無料一括見積り比較はコチラ