太陽光発電は絶対に付けてはいけない4つの住宅とは?

太陽光発電は絶対に付けてはいけない4つの住宅とは?

 

settigyousya


太陽光発電システムは、電気代を削減させることが出来て
余った電気も電力会社に売ることが出来るメリットがあります。


更には、蓄電池を追加することで
太陽光発電のデメリットを大幅に改善することが出来ます。

 


でも、太陽光発電システムを設置するのは
全く無意味な住宅もじつはあるんです。


どういう住宅なのかといえば・・・


・屋根全体が影になっている

・屋根の半分が影になっている

・複雑な形状の屋根

・設置スペースがベランダしか無い


以上の住宅が太陽光発電に向かない家です。

 


屋根全体が太陽の光が当たらず影になっている場合は
発電ができない状態になるので設置しても無駄になります。


また、屋根の半分が日当たり悪いという場合も
残念ながら太陽光発電の性能をフルに発揮できません。

 

hukuzatunayane


複雑な形状の屋根って余り見かけないんですが
時々みかける複雑な形状の屋根でも
小さなソーラーパネルを設置できるみたいです。


ただ、ソーラーパネルの設置居処がたくさん増えるため
工賃だけが高くなるという現象が起きますよ。

 

 

設置スペースがベランダしかない場合は
本格的な太陽光発電システムは諦めるしか無いですね。


ベランダ用の太陽光発電システムがあるので
そちらを購入したほうが良いといえます。


太陽光発電を実際に取り付けたいという人は
複数社から見積もりを出して相談をしてみると良いですね。

↓↓      ↓↓

 施工会社に相談!【太陽光発電システム見積比較.com】

 

コメントをどうぞ