太陽光発電の売電で収益が膨らむ理由

太陽光発電の売電で収益が膨らむ理由

 

monitahyouji


太陽光発電システムを利用すると
売電という電力会社に余った電気を売る事ができます。


太陽光発電システムを導入している住宅は
急速に増えつつあります。


太陽光発電のブームは去っているんじゃないの?


あなたは、ひょっとしたら
そう考えているかもしれません。

 

 


まだまだ、太陽光発電はメリットが大きいので
設置をする人は急増し続けているんです。


設置するためには100万円以上の費用が必要ですが
これにより、家庭で使う電力がある程度太陽光発電で
補うことができて、しかも余った電気を電力会社に
売ることができるので人気が衰えないのでしょう。

 

 


上手くやれば、余った電気を電力会社に売リ続けることで
10年位で費用を回収することが出来る可能性もあります。


電気の買い取りは電力契約のやり方によってや
使用電力量により異なってきます。

 

taiyoukou

 


2014年度の1kWhごとの売電単価は以下のようになります。

 

baidenkakaku

 

一般的な太陽光発電システムの発電量は
3~5kWなので10kW未満が37円税込みが適用価格になります。

 

 


太陽光発電システムで発電された電気は
テレビや冷蔵庫などやその他照明器具など
いろいろな家電により消費されます。


こうした中で余った電気を電力会社に売電することが出来るんです。


ただ、売電価格が値下げすることもあるので
必ず儲かるというわけでもありません。

 

 


なので、儲けようという考えで太陽光発電を設置するよりも
電気代を節約しようという考えで設置するほうが良いかもしれませんね。


消費税増税により5%から8%になっているので
これまで105万円で導入ができたのが
108万円で導入することになります。

 


この先、10%に増税する可能性があるので
110万円で導入することになりますね。


ただ、業者によっては値段が異なるので
複数社見積もりを出して比較をすると良いですね。

↓↓       ↓↓

 太陽光発電は見積り比較で安くなる!

 

コメントをどうぞ