‘ソーラーパネル’ タグ

ソーラーパネルの費用対効果を考えるとお得なのか検証!

ソーラーパネルの費用対効果を考えるとお得なのか検証!  

demeritto


ソーラーパネル設置する前に
費用対効果を考えるってことしませんか?


ソーラーパネルを設置してどれくらいの電気代で
どれくらいの効果が有るのかを検証していきます。

 

 

仮に、4.515kwシステムの太陽光パネルを設置するとして
東京都の年間予測発電量は「4412kwh÷12ヶ月=367.66kwh」と
大体1ヶ月の平均電力量はこれくらいになるんですよ。


これを更に計算をすると「1時間あたり約2kw」で
発電することになるわけです。

 


じゃあ、この2kwh太陽光で補ってどのくらい電気料金が減るのか
知りたいと思いませんか?


でも、費用対効果を考える場合は
「時間単位」や「日単位」や「月単位」など
細分化して考えるのは逆効果なんです。


費用対効果を考える場合は設置費用10年内の期間で
どれくらい回収できるか?という観点で見ることになるんです。

 


なので、年間発電量が4412kWhで、この内日中節電に励んで
6割を売電して4割を自家消費に回すという想定で計算をしてみると・・・


4412×0.6×42+4412×0.4×24=111182+42355=153537円 約15.4万円


これが、年間の家庭の経済効果になるんです。

 


これに、国の補助金や地方の補助金を加えていけば
設置後の費用の回収ができるということになるわけです。


しかし、売電価格がガンガン下がっているので
費用対効果を期待するのも難しくなっていますが
純粋に光熱費削減を考えたほうが良いかもしれません。


仮に、売電が廃止されたことを考えれば
kW単価23.5万円程度で設置しないと元は取れにくいでしょうね。

 


とはいえ、設置費用などやメンテナンス費用も考えないと駄目なので
元を取り返そうという考えはかなり困難を極めると考えられます。

 


目先の電気代を節約したいというだけなら
業者選びで費用を節約することが出来ます。


太陽光発電に興味があるなら一度一括で
無料見積りを以下のサイトからすると良いでしょう。

↓↓          ↓↓

太陽光発電の設置価格を見積り比較!