‘制限’ タグ

太陽光発電は築年数に制限があるのか検証

太陽光発電は築年数に制限があるのか検証

 

taiyoudesuka


20年前に建てられた建造物は基本的に
太陽光発電を設置することはできます。


平成6年に建てられた住居なら
問題なく設置はできてしまいます。


でも、基本的には太陽光発電システムは
築年数20年でも設置は可能です。


でも、そこそこのガタが来ているかもしれないので
ソーラーパネルの重みに耐えられるかが問題ですね。

 


また、昭和57年に建てられた家などは
昭和57年に建築基準法耐震基準の変更により昭和56年以前の住宅は
建物自体が弱い傾向にあるみたいです。


なので、築年数が20年を経過していたり
昭和56年以前の住宅の場合は設置できないことが多いようです。

 


太陽光発電設置が可能なのかどうか
大まかな基準は以下の通りとなります。


・建物の構造に亀裂などがないか

・野地板にひどい劣化などがないか

・垂木に激しい劣化はないか

・屋根材に損傷やズレはないか


業者によっては更に更に細かいところまで
チェックされるので基準は更に増えると思います。

 

settigyousya


大体、上記の基準をクリアしていれば
大抵は設置は可能だと判断できます。


優良な業者になればなるほど基準が
どんどん厳しくなる傾向にあります。

 


理由は、工事を任された家で何らかのトラブルが発生してしまうと
業者のなに傷がついてしまうからです。

 


なので、昭和56年以前の建物の場合は
建築士に構造の強度確認を薦めることもあるようです。


基準がそれほど厳しくない業者の場合は
騙し騙しで工事を進めてくれますが事故のリスクを
抱えることになるでしょうね。

 


優良な業者を選ぶなら一つに集中するだけじゃなくて
複数の業者に見積もりを出し比較をするべきです。

 


優良な業者なら基準が厳しいため
事故のリスクを軽減できる可能性が高いです。


複数の業者選びは以下のサイトを利用すると
無料で出来るし強引なセールスはないので
安心して見積り依頼が出来ますよ。

↓↓    ↓↓

 太陽光発電の設置価格を見積り比較!