‘太陽光発電 耐用年数’ タグ

太陽光発電の耐用年数を検証

太陽光発電の耐用年数を検証

 

taiyoudesuka


太陽光発電の耐用年数は、国税庁の分類に従う場合
太陽光発電などの設備は法定耐用年数17年が適用されます。


「耐用年数」とは、簡単にいえば
ソーラーパネルがどれくらいの期間耐えられるか
という年数を言います。

 


大体、こういう話をする場合は「減価償却」という
言葉が出ますがこういう難しい言葉はどうでも良いですよ。


知りたいのは「ソーラーパネルの寿命」であり
「パワーコンディショナーの寿命」だと思います。

 

odots7


ソーラーパネルの寿命は
大体20年~30年とされています。


パワーコンディショナーは10年~15年のようですね。

 


ただ、勘違いしている人も
ひょっとしたらいるかもしれません。


ソーラーパネルの寿命30年くらいで
必ず故障するというわけじゃないんです。

 

 

メンテナンス次第で故障するかしないかが決まります。


ソーラーパネルに関しては20年を境に
故障する可能性は高くなります。

 

mente


パワーコンディショナーの場合も、15年を超えたからといって
絶対に故障をするというわけじゃないんです。


長く使えるかどうかは丁寧に使い続けられるかによって
どれくらい耐えられるのかが決まってきます。

 

 

ソーラーパネルは可動部分が少ないので
パワーコンディショナーよりも故障する可能せは低いです。


太陽光発電のメンテナンス費用って高いイメージがありますが
全くそんなことはありません。

 


大体、1回にかかるメンテナンス費用は1~2万円程度です。


業者によっては値段も変わってくると思います。


太陽光発電を導入したいという人や
興味があるという人は一度見積もりを
出すのも良いかもしれません。

↓↓       ↓↓

 太陽光発電システムの価格比較はこちら